PR

先日、急激に髪の毛を切りたくなって駅前のヘアサロンに飛び込みで行ってきました。

 

そこでの体験とこれまでの経験を元に、『良い美容室・ダメな美容室の見分け方』をヘアスタイリスト歴20年オーバーの僕がお伝えします。

 

この記事を書きかながら自店ではできているのか?

 

足りない面は補い、できている分は伸ばしていけるようにメモ代わりに書いていきます。

 

理容室・美容室での勤務経験があるため、どちらでも適用できる内容となっております。

 

これを見た一般のお客様に、なにかの役に立つことができたらうれしいです。

 

ではどうぞ。

新規飛び込みでの受付にて

良い美容室

○当たり前ですが、笑顔で『いらっしゃいませ!』と言う。

 

○どんなに混んでいても予約が入っていても困った顔ひとつしないで元気に迎えてくれる。

 

○受付台がキレイに片付いている。

 

○荷物を預かるロッカーがある。

 

ダメな美容室

▲『いらっしゃいませ…』は言うにしてもどことなく暗い。←勇気があるならこの時点で帰ってもいいと思う。

 

▲混んでいたり予約がたくさん入っていると露骨に困り果て店長に確認しに行く。すると最悪なお店は、店長が新規のお客様に聞こえるように『いま混んでるから 待ってもらうか今度にしてもらうように伝えて』と言う。←確実に帰るべき。

 

▲そもそも店内に人がいない。

 

▲客待ちのソファで主人(店員)が新聞を読んでいる。

 

▲客待ちに灰皿がある。このご時世喫煙サロンは潰れるべき。

 

カウンセリングにて

良い美容室

○目の高さを合わせて、対面もしくは鏡越しで話をする。

 

○全体的な長さ・前髪・後ろ・サイド・トップと部位別に聞いて、どんな感じにしたいかを雰囲気やイメージで聞いてくれる。

 

○ある程度、イメージが伝わったらヘアカタログやスマホなどでこんな感じですよね?と確認する。

 

○『最後に何か伝え忘れてること無いですか?』と確認してくれる。

 

○物理的にできない要望(ハゲてるのにベッカム風ソフトモヒカン等)は、一旦受け止めて間を置いてから根拠を伝えながら出来る髪型に導く。

 

ダメな美容室

○目の高さを合わせず、上から見下ろす角度で話しかけてくる。

 

○いきなりタメ口。

 

○要望を話させてくれる雰囲気がない。

 

○否定してくる。

 

カット技術について

良い美容室

○濡れている時のカットを10分以内でキメる。

 

○迷いがないハサミ裁き。

 

○クシあたりがソフト。

 

○途中で『後ろは、いまはこんな感じですよ。』と経過を合わせ鏡で見せる。

 

ダメな美容室

▲濡れている時のカットで15分以上かかる。

 

▲同じところを何度も切る。

 

▲クシが痛い。

 

▲黙々と最後まで切り終わる(途中の確認なし)

 

道具・消毒などの衛生面について

良い美容室

○道具を大事に扱っている

この項目は良い部分を伝えにくいんです。 消毒等は、お客様に見えない部分でするものですから…。

ダメな美容室

▲クシが臭い←このクシが臭い問題は気をつけないと半日くらいその臭いを自分の髪の毛にもらうことになります。

 

▲腰からハサミをぶら下げているスタイリストの90%以上は、お客様一人ひとりにクシやハサミなど消毒していない。。←理美容業界のタブーに触れてみました(^o^) 根拠は、僕が20年以上この業界にいてのべ500人以上と仕事してきましたが、その中できちんと消毒しながらやっているスタイリストは1割いませんでした。これは大問題です。僕も過去はこのしない側の人間でした。今は独立してやっていますので一客ごとにキレイに消毒や洗浄しています。

 

トークについて

良い理美容師

○話をさせてくれる雰囲気をつくる事ができる。

 

○話したくなさそうなお客様を見極めてそのようなお客様には、静かに接することができる。

 

ダメな理美容師

▲空気が読めないので一方的に話しまくる。

 

▲共感してくれない←まずは否定…。悲しいけどよくいます。

 

▲息が臭い←理美容師ってタバコ吸いたてで接客するのが普通の人種なんです。

 

仕上げについて

良い美容室

○ブローの時間は最低限で、作り込まず自然に仕上げる事ができる。

 

○再現できるようにスタイリングのテクニックを教えてくれる。

ダメな美容室

▲無駄にドライヤーが近く、ブローをこれでもかっていうくらいする。←ブローに時間がかかればかかるほど再現しにくいヘアスタイルだと思ってください。残念ながら、美容師がそんな時間をかけないとできない髪型ってことです。

 

▲どこのパリコレかっていうような奇抜な感じに仕上げてくる。

 

お会計について

良い美容室

○ゆっくりとわかりやすい言葉で明確に説明する。

 

○そもそもカウンセリング時に料金を伝えてくれている。

ダメな美容室

▲専門用語のメニューを早口にざっくり伝えてくる。

 

▲お会計時までいくらかわからない。

 

家に帰って一度シャンプーした後

良い美容室

○馴染む

ダメな美容室

▲ザンギリ頭OR坊ちゃん刈り

 

1週間経過後

良い美容室

○なじむ

ダメな美容室

○なじむ

 

残念なことに、下手くそが担当しても不思議と1週間もすれば馴染むんです。 もちろん限度はありますよ。

 

『良い美容室・ダメな美容室の見分け方』のまとめ

良いヘアサロンは、総じて丁寧です。

 

これは価格とは関係ありません。

 

1000円カットのお店でも、丁寧にしてくれるところはあります。

 

4000円払っても、残念なお店はあります。

 

要は、そこの経営者もしくは店長の色です。

 

そしてスタッフひとりひとりの質です。

 

僕もこんな記事を書く以上、上記の悪いお店にならないように気をつけています。

 

逆にいうと自信がないとこんな記事書けません。

 

もしよかったら一度いらしてみませんか?

 

高齢者専門に営業していますが、施設長のご厚意で一般の方も受付できるようになりました。

 

料金などお問合わせのページ↓です。

 

 

出張料金をいただければ全国お伺いします。

 

 

おすすめの記事